DSP広告(Demand-Side Platform) 次世代広告配信

こんなお悩みありませんか? 配信&単価の調整などを自動最適化

  • 潜在顧客へアプローチしたい
  • Yahoo!/Google以外のネットワークにも出稿したい

DSP広告とは

DSP広告(デマンドサイドプラットフォーム)は複数のWebサイトをまとめたアドネットワークにて、ディスプレイ広告の配信を行います。
「配信サイト」というサイト単位で最適化ではなく、「ターゲットユーザー」というユーザー単位で最適化を行っていきます。

DSP広告とは

サービス内容

運用代行

弊社ではMicroAdのBLADE、ソネット・メディア・ネットワークスのLogicad、ユナイテッド株式会社のBypassなど多くのDSP広告の運用実績があります。サービスの特徴に合わせて最適なDSP広告を選定するところから、その運用、改善までサポートいたします。

DSP広告の特徴・効果

自動で「効果の高い」ユーザーに最適化

DSP広告は訪問ユーザーやコンバージョンユーザーの情報から自動的に「このユーザーに広告を配信すると効果が出る可能性が高い」と判断して広告を配信します。DSP広告によってこの配信ロジックが異なり、商品やサービスに相性の良いDSP広告を選定する必要があります。

リターゲティング配信が可能

多くのDSP広告ではサイトへ一度訪問したユーザーのみをターゲティングするリターゲティングでの配信を行うことができます。リターゲティング広告もただ訪問ユーザーに満遍なく配信するのではなく、「効果の高い」ユーザーを自動的に選定して入札の強化を行います。

幅広いターゲットへの「認知施策」としても有効

検索キーワードに対して配信する検索連動型広告とは異なり、まだ潜在的なニーズしかない段階のユーザーにブランドを認知してもらう効果があります。認知施策も闇雲に配信量を増やしても意味がないので、見込みの高い潜在ユーザーへの認知拡大を図ることができます。

J・GripならではのDSP広告運用の特徴

商品・サービスにマッチしたDSPの選定

DSPと一括りに言っても、実際の配信ロジックやそれに伴う成果は各社異なります。同じサービスでリターゲティングという同じ手法でDSPを複数運用しても効果は差が出てきます。商品やサービスに相性の良いDSPが存在するため、当社での運用経験から最適なDSP選定ができます。

間接効果の高いDSPも厳選

CV効率を上げる自動最適化が主なDSPの特徴ですが、使い方によってはサイト訪問経験のない見込み顧客を開拓する手法としても効果を上げることができます。Tポイントと連携しているMicroAd BLADEや楽天データと連携している楽天DSPなど、他の広告ではできな特殊なターゲティングが可能です。

B2B向けのDSP運用経験有り

DSPといえはCV件数が多い、一般的にはB2C向けのサービスの方がハマりやすいサービスですが、企業のみをターゲティングできるDSPも存在します。企業規模や業種などに応じた広告配信を行うことで成果を出している事例もあります。