コンテンツレコメンド広告 潜在顧客を開拓し見込みを高める

コンテンツレコメンド広告とは?

Yahoo!ニュースの記事の下などに「おすすめコンテンツ」でユーザーにマッチしそうな記事が紹介されていますが、そこから自社の記事ページに誘導することができます。
Yahoo!だけでなく新聞社のニュースサイトなどユーザーに幅広くリーチして記事ページへ誘導を促すことができるサービスです。

コンテンツレコメンド広告の特徴

潜在顧客に幅広くリーチできる

リスティング広告などが顕在顧客に効率的にアプローチして成果を上げることに特化している一方で、コンテンツレコメンド広告では潜在顧客に幅広くアプローチして自社メディアに誘導をかけます。
これまで商品やサービスを知り得なかったユーザーを引き込むことができます。

低クリック単価での誘導

幅広くリーチする分、クリック単価が高ければ当然費用対効果が見込めません。コンテンツレコメンド広告ではクリック単価10円台で配信できることが多く、「知らなかった」ユーザーを安く呼び込むことに効果を発揮します。

ターゲティングはできないことが多い

安く広くユーザーへリーチすることが特徴なので逆にいうと細かなターゲティングを行って決められたユーザーへのアプローチができないサービスです。あくまで潜在顧客へのアプローチに特化した広告と理解する必要があります。

J・Gripならではのコンテンツレコメンド広告運用の特徴

1.目的(ゴール)から逆算した文脈のある広告設計

目先の成果を目指すのであれば顕在顧客にアプローチできる広告のみを打つことが得策なのは自明です。ただしそれだけでは中長期的な利益に繋がらないことが多いため、潜在顧客を育成することが重要です。
商品やサービスに興味の高い顕在顧客はどういった層なのか?どうしたら潜在顧客の意欲を引き上げられるか?その総合的な広告設計ができるのが強みです。

2.興味を引き上げる記事のライティング、効果検証

ただ闇雲に記事を書くだけでは効果は上げられません。当社では分野ごとに専門性の高いライターがユーザーの意欲を高める記事を作成することもできます。また、1本だけでなく複数の記事を効果検証しながら運用していきます。

3.意欲を高めたユーザーへの施策

顕在化したユーザーへ効果的なアプローチを模索していくことも重要です。低クリック単価引き込み、記事を読んで興味を持ったユーザーをどのような施策で直接の成果に繋げるのかという引き出しの多さもJ・Gripの特徴です。