2015.06.10

自社ホームページを充実させることによる、「人材採用」でのメリット

自社ホームページから、効率的に人材を採用しよう

前回のコラムでは、「自社ホームページのコラムコーナーを充実させることで、顧客からの問い合わせを増やす方法」についてお伝えしました。
今回、ご紹介するのも再びコラムの有用性について。実は自社ホームページのコラムを充実させることが、「人材採用」にも役立つのです。

なぜ、コラムが人材採用に有効なのか

通常、人材採用を行う場合には求人サイトや人材紹介会社を利用することが多いと思います。しかし昨今は求人市場が活性化していることもあって採用が難しく、採用単価も上がりがちですよね。そこでご提案したいのが「自社コラムの活用」。

自社のノウハウを紹介したコラムを読むユーザーはその業界について関心があるわけですから、その中から「この会社に入りたい」と興味を持ってくれる人が現れる可能性は十分あります。しかも、コラムを通して「この会社がどういう社風の会社なのか」「どういう方針でサービスを提供しているのか」「どれぐらい高度な技術や知識を持っているのか」といったことも伝えられますので、自然に自社の魅力をアピールすることもできるわけです。

求職者が興味を持った会社について調べるときには、必ずホームページを見るもの。そのとき、充実した内容のコラムが定期的に更新されていれば、「この会社なら信頼できそうだな」と思ってもらえますし、応募への動機づけにもつながります。

「コラム」ならではの強みとは?

とはいえ、自社ホームページからの人材採用はすでに多くの企業が取り組んでいるもの。採用特設ページなどを充実させている企業も少なくないでしょう。もちろんそうした採用ページも決して悪くはないのですが、コラムならではの良さもあります。それは、採用ページがおのずと「きれいに作り込まれた広告」という印象を与えがちであることに対し、定期的に業界情報について紹介したコラムは「よりリアルに、その会社が行っている業務が見えやすい」ということ。会社の雰囲気を伝えるには「社員ブログ」なども有効なのですが、業務に関するコラムの方が、よりストレートに会社の事業に対する姿勢を伝えやすいといえるでしょう。そして、そうした情報に惹かれて応募してくれる人なら、きっとその会社と適合している可能性も高いはずです。

Facebookでシェア
Twitterでシェア
Webコミュニケーション部 S・N

Webコミュニケーション部 S・N

ネット系企業でWEBプロモーション全般の知識を吸収後にJ・Gripへ参加。東京でのコンサル経験を活かし九州、関西と全国の営業所にてサービスを展開し、現在は社内WEBマーケティングの企画も行っている。