2016.03.09

LPを作りさえすれば、集客できるのか?

集客の成否は、LPだけで決まるわけではない

今やインターネット広告において欠かせない存在となったLP。
当社もLP制作サービスを提供すると同時に、自社サービスを宣伝するためにLPを利用しています。

ところで私が少し気になるのは、LP制作のお問い合わせをくださる方がしばしば「優れたLPさえ作れば、必ず問い合わせや売上が増える」と思い込んでいること。
しかし、LPというのは利益を出すための、いくつかの要素のひとつに過ぎません。

LP以外の要素がダメなら、LPのクオリティがどれだけ高くても広告戦略は失敗します。

広告成功に必要な要素とは?

大まかに言うと、広告の成否というのは

リスティング×LP×商品力

の掛け算によって決まるというのが私の考えです。
LPをたくさんの人に見てもらうためにはその前の導線(=リスティング)が成功していなければならないし、LPを見たユーザーに購入してもらうためには商品に一定の競争力・優位性がなければなりません。

3要素のうちどれかひとつが仮に「0」なら、他でどれだけ頑張っても掛け算の答えは「0」ですよね。

事実、私たちも自社サービスをリスティング・LPを使って宣伝していますが、サービスによって広告効果は違います。
リスティングはどのサービスも成功しているのですが、LPに関しては、成功もあれば失敗もある。同じデザイナーがLPを作っても、必ずしも成果が出るとは限らない。
しかも、その原因がLPなのか、商品力なのかを判断するのはなかなか難しいのです。

広告効果を改善するための考え方

では、十分に効果を出せていない広告を改善するにはどうすればいいのでしょうか。

短絡的にLPを作り替えればいい、という考え方はNG。
リスティング×LP×商品力という要素を総合的に検証し、改善すべき点を突き止めるのが先決です。

他社と比べて商品力が弱いならそもそもサービスの内容・料金を見直す必要がありますし、商品そのものに問題がないなら「商品が持つ、どの優位性をメインにLPで訴求するか」を考え直すべきでしょう。

商品が持つ優位性はひとつではなく、たとえば「機能性」「価格」「機能・価格のバランスのよさ」などさまざまな要素があります。
しかし、出稿する前からどんな内容のLPが成功するかを見極めるのは難しいもの。

こういうときに有効なのが、「機能性」「価格」「バランスのよさ」という、別々の優位性を訴求した3パターンのLPを作りテストをすることです。
この中でいずれかが成功すれば、次回からはそれをメインとしたLP改善を行うことで、さらに効果を出しやすくなります。

まとめ

今回のお話をまとめると、広告成功に必要なのは

リスティング×LP×商品力

という3要素。LPだけではなく、これらの総合力で広告の成否が決まると知っておけば、より本質的な課題を見据えたLP制作・改善ができるのではないでしょうか。
ちなみに、当社ではリスティングとLPの両方で豊富な実績があります。効果検証を重ねながら、着実に売上アップに向けた改善提案を行いますので、お悩みの方はお気軽にご相談ください。

Facebookでシェア
Twitterでシェア
Webコミュニケーション部 S・N

Webコミュニケーション部 S・N

ネット系企業でWEBプロモーション全般の知識を吸収後にJ・Gripへ参加。東京でのコンサル経験を活かし九州、関西と全国の営業所にてサービスを展開し、現在は社内WEBマーケティングの企画も行っている。