理想は各自が大きな裁量を持ちつつ
チームとしての意識を
大切に連携できるような集団

マーケティング部 Webコンサルタント・営業

K.G.

入社のきっかけ

前職は映画の宣伝に携わっていました。テレビ局や出版社、新聞社などを相手にしたメディアリレーションが主な仕事だったのですが、映画業界でもだんだんWebマーケティングのニーズが高まっているのは肌で感じており、将来性を考えるとこれからはWebの分野で経験を積んだ方が良いのではないか、と考え始めたのです。
そんなときに出会ったのがJ・Grip。面接のとき、今の上司である渡辺から会社の成長性や仕事の幅広さを聞き魅力的に感じたのですが、一番の決め手になったのは「J・Girpは、社員のことを家族のように考えている会社なんです」という言葉でしたね。

仕事の内容

J・Gripでは「反響営業」のみ行っており、お問い合わせをいただいたお客様に対して提案を行っています。
私は新規開拓と既存顧客のフォローの両方を行っているのですが、いずれにせよ特定の商品を売るというよりは、お客様の課題をヒアリングし、それを解決する提案を行うというスタイルですね。
提案内容としては非常に幅広く、Webマーケティングに関わる商材であれば何でも取り入れることができます。
リスティング広告、SEO、SNSを駆使した広告、記事広告の他、Webサイトを新しく作る場合もあります。
J・Gripでは社員一人ひとりが希望に応じて幅広い業務に携われるので、営業である私自ら広告のプランニングまで行うケースも珍しくありません(もちろん、必要に応じて専門の広告運用担当者と相談することもできます)。
お客様も非常に幅広く、B to B・B to Cの区別もありませんし、映画、コスメ、旅行関連、人材会社、自動車修理など業界もバラバラ。
数名規模の零細企業から上場企業まで、あらゆるお客様にご提案をさせていただいています。

J・Gripに入社して良かったこと

J・Gripは色んな意味で「自由」な会社だと思います。
お客様の業界が非常に幅広い上、お客様のためになることでさえあれば、「これはやっちゃダメ」と頭から否定されることはまずありません。
扱う商材もリスティングだけではなく、さまざまなWebマーケティングの手法から選択することができますし、もし現時点で取り扱っている商材の中にベストなものがなければ、新しい商材を自分で見つけてきて仕入れ、お客様にご提案することさえ可能なんです。
私が仕事をする上でいつも大切にしているのは、お客様に「できません」となるべく言わないこと。
せっかくご相談いただいているのだから、「できる方法」を考えて提示するのがプロの役目だと考えています。
このように提案内容を自由に任せてもらえる裁量の大きさは、少数精鋭のJ・Gripならではのやりがいだと思いますね。
また、J・Gripでは評価制度がとても公正で、会社の利益に貢献すればその分だけ給与もきちんと上がる。
おかげで月給は入社時と比べて驚くほど上がりました。
一方では、社員の健康まで気遣ってくれる優しさもあって、忙しい時期でも、体調が優れない社員には「無理せず、家で寝てなさい」と上司が声をかけてくれる。
信頼できる会社だな、と感じています。

これから挑戦したいこと

「これから挑戦したいことは何か」と聞かれるとちょっと困るんです。
というのも私の場合、毎日のようにやったことがない仕事にチャレンジし続けていますから(笑)。
あえて言えば、会社の人数がもう少し増えたとき、チームのマネジメントに挑戦してみたいかな。今まで他の人をマネジメントしたり、教育したことがなかったので、自分がこの会社で積ませてもらった経験を少しでも若手のために役立てられれば、と思います。
理想のチームは、上下関係で縛るのではなく、各自が大きな裁量を持ちつつ、チームとしての意識を大切に連携できるような集団。
そのためにも、まずはもっと自分のスキルを磨いていきたいです。

Schedule

08:00 起床
10:00 出社、メールチェック、広告運用状況のチェック、提案資料の準備
12:00 お昼休み
13:00 訪問先での提案、レポート報告(2~3件)
17:00 帰社、翌日の提案の準備、メールのレスポンス等
21:00 退社
24:00 就寝