YouTube広告運用(True View広告) 視覚でアプローチ

こんなお悩みありませんか? 全世界のYoutube視聴者へ配信可能

  • 動画を活用してプロモーションをしたい
  • CM動画をネットでも配信したい

True View広告とは?

Youtubeの動画視聴を行う際に、再生前に動画広告を見せることができるGoogle AdWords内のサービスです。興味を持ったユーザーが、「広告をスキップ」せずに、視聴をすることで料金が発生する「視聴課金型」となっています。

True View広告とは?

TrueView広告の種類

インストリーム広告

ユーザーが動画を再生しようとする前に、広告としての動画が再生される枠がインストリーム広告です。

ユーザーには広告動画を閲覧するかどうかの選択肢があり、広告が5秒間表示された後に、そのまま動画を見続けるかどうかを選択できます。

費用は広告が30秒間再生された場合のみ動画視聴として発生します。30 秒未満の場合は、最後まで視聴すれば課金となります。

また、広告の動画を再生中に、右上にコンパニオンバナーを設置してWEBサイトへも誘導することができますが、このクリックでの課金は発生しないのもポイントです。

インディスプレイ広告

再生中のYouTube動画の右側や、Googleディスプレイネットワーク上の関連するコンテンツにて、関連動画として表示される広告枠がインディスプレイ広告です。

また、以前別枠として存在したインサーチ広告が統合され、動画に関連するキーワードが自動的に判別され、動画検索結果である、YouTubeの検索結果ページと Googleの動画検索結果に広告を表示することができます。

料金は動画広告を視聴するよう選択した場合にのみ発生し、Call-to-ActionオーバーレイによるWEBサイトへのクリックについては、インストリーム同様課金されない形式です。

True View広告の特徴

全世界のYoutube視聴者+αへ配信可能

世界中で圧倒的な視聴者数を誇るYoutube内で、動画広告を配信することが可能です。月間世界中にて40億リーチとなっており、またYoutube内のみならず、GDN(グーグルディスプレイネットワーク)を活用し一部の提携先HPにも表示させることもできます。

30秒以上の視聴で課金というCPV方式

インストリーム広告という形式は一般にYouTube動画を閲覧する前にCMのように流れる広告を指します。この形式においては、30秒以上動画を視聴したユーザーのみが課金対象となります。また、30秒未満の長さの動画では動画を最後まで視聴したユーザーが課金対象です。

様々なターゲティングが可能

性別、年齢、キーワード、トピック、インタレスト、YouTube内キーワード、GDN内キーワード、リマーケティングリスト、プレースメントなど、GDNで設定できるターゲティングと合わせて設定することができます。

成功実績

映画のプロモーション

映画の公開日やイベント日に合わせて露出強化を行うなどしました。
また、ターゲットごとの訴求を企画提案したりしたことで、結果100%視聴率を上げる施策を行うことができました。

来店促進イベントのプロモーション

テレビCMに合わせて、特定のイベント日の告知を行いました。
イベント開催日に合わせて配信を強めていったり、配信先サイトやデモグラフィックデータから絞り込みをかけることで尻上がりに視聴率が上がっていきました。

映画のプロモーション

映画の公開日やイベント日に合わせて露出強化を行うなどしました。
また、ターゲットごとの訴求を企画提案したりしたことで、結果100%視聴率を上げる施策を行うことができました。

来店促進イベントのプロモーション

テレビCMに合わせて、特定のイベント日の告知を行いました。
イベント開催日に合わせて配信を強めていったり、配信先サイトやデモグラフィックデータから絞り込みをかけることで尻上がりに視聴率が上がっていきました。