2015.01.15

Youtube広告(True View広告)で拡がるリマーケティング(2)

YouTubeのリマーケティングをどう利用するか

前回のコラムではYouTubeのリマーケティングの概要についてご説明しました。特定のYouTubeページの視聴者に対しバナー広告などを表示することで、精度の高い広告効果を得られるこのシステム。今回は、その具体的な運用方法の一例をご紹介します。

具体的な活用例

YouTube広告、特にリマーケティングでは、「潜在顧客」を「見込み顧客」に引き上げ、将来的なコンバージョン(購入や資料請求など)につなげることを意識すると良いと考えています。
一見広告に見えない「ユーザーが求める情報」を盛り込んだ動画を広告として配信することで、今はコンバージョンにつながらなくても、数週間後、数ヶ月後にコンバージョンしてもらえるように意欲を高めていきます。

たとえば単価の高めな浴衣を通信販売したい場合には、「着物の着付け講座」といった動画を作り、過去にサイトに訪れたユーザーを対象にYouTubeでのリマーケティングで配信していきます。当然浴衣はシーズンものなので「今」は購入につながりませんが、そこでお店のことを知ってもらいます。
そして春~夏にかけての浴衣シーズンに「動画を視聴したユーザー」に対して浴衣通販の広告を配信すると、購入の確率は高まります。いわば、潜在ユーザーを顕在化させ、刈りとることができるというわけです。

シーズン商品と言えば、「おせち料理」などもそれに近いパターンでユーザーを獲得することが可能でしょう。
たとえば「料理人が作る家庭料理」といったテーマで動画を配信すれば、料理に対する感度が高い主婦層を囲い込むことができます。

他にも、私もそうなのですが、サッカーファンはYouTubeでサッカー動画を見るのが大好きです。サッカーの通販ショップをやっていれば、サイト訪問ユーザーに商品を活用したトレーニング動画を見せたりすることで継続的にユーザーをリピートさせることにつながるかもしれません。

Youtube広告のリマーケティングでなくても、このようにターゲットユーザーが興味を持つ動画コンテンツを作ることで、視聴ユーザーを後からリマーケティングで刈り取りにつなげることができます。

始めるのは意外と簡単!

ご紹介したとおり、YouTube広告やそのリマーケティングはアイデア次第でいくらでも応用が利く、非常に面白い広告手法です。
最近だとiPhoneなどでも簡単に動画を撮影・編集できますし、コストも月5万円程度でもスタートすることが可能です。設定も意外に簡単なので、興味がある方は是非チャレンジしてみてくださいね。

Facebookでシェア
Twitterでシェア
アドソリューション部 アカウントプランナー W.N

アドソリューション部 アカウントプランナー W.N

大学在籍中よりWEBマーケティングに関する業務に携わり、大学卒業後、WEB(広告/制作)関連の会社の自社メディアの運営、マーケティング業務を行う。現在は、クライアントのリスティング広告を中心とした、課題・目的・戦略に合わせて採るべき具体的な施策の立案と実施から実施施策の課題抽出、改善までの実務を担当。